Raw Chocolateについて

Raw chocolate cafe & shop in Kyoto

古代より伝わるカカオの力

The cacao in eternity

cacao

古代マヤ文明の時代、数千年前から大切にされ、貴重に扱われてきた食べ物 <カカオ>。

普通のチョコレートとローチョコレートの一番大きな違いはカカオ豆をローストしないこと。

カカオに本来備わる 成分、栄養価、植物そのものの特性、生命力を、火入れしないことにより、最大限に取り入れることができるのが<RAW CHOCOLATE 〜 ローチョコレート 〜>という食べ方です。

カカオは、古代マヤ文明の時代より『神々の食物』と言われ、神聖な儀式に使われたり病気を治すメディスンとして 大切に扱われてきました。

カカオには 300種類以上もの栄養素が備わっており、抗酸化性に大変優れ、タンパク質、脂肪、食物繊維、鉄、ジンク、コッパー、カルシウム、マグネシウム等のポリフェノールを非常に多く含み、抗酸化性に優れているほか、300種類以上もの栄養素、そして“幸せ物質”と言われる『アナンダマイド』 や恋愛した時の感覚を呼び起こす『フェニルエチルアミン』などが働き、心を元気にしたり、ハートをオープンにするとも言われています。

 

Cacao Magic Chocolate Roomにてカカオビーンズを挽いてペースト状にし、栄養価が飛び抜けて高い“スーパーフード”と言われる<カカオ>の栄養を最大限に活かすため、カカオビーンズはローストせず、全行程を48℃以下で作るといった、全く新しい<ローチョコレート>の製法で作っています。ショコラティエにより、1トレイずつテイスティングを行い、ハンドミックスで丹精をこめて製作しています。

ローカカオを使用し、ローの製法で作ることで、これらの栄養素を失うことなく、こういったカカオの本質をより感じ取ることができ、チョコレートが口の中で消えるような不思議な感覚と、食べた後の気持ちの変化を楽しんでいただいています。

About Raw Food

“自然のものと繋がる”

アメリカ発祥の<ローフード(生菜食)>という『48℃以上に加熱しないことで、食物が本来持っている酵素や栄養素、生命力などを失うことなく、最 大限に採り入れる食事法』。2000年頃にそのアイデアが生まれ、2005年頃から商品として販売されるよ うになりました。日本では2008年頃より<ローフード>が知られ始めたのと共に、ゆっくりと広まってきています。<ローチョコレート>は、その同じ考えで発案されました。

古代の人々が 『自然の中の目に見えないものとつながる』といったことを信じ、シャーマニックな儀式での飲物としてや、薬効的成分や栄養価の高さ故に薬としてなど、苦いままで飲まれていたカカオと、1528年に初めてカカオがヨーロッパに持ち帰られて以降に砂糖と合わせることによって美味しくなり、世界中に広まった嗜好 品としてのチョコレート。古代の叡智とも言えるカカオの持つ、目に見えない“魔法”の部分と、“美味しく食べる”という現代のチョコレート文化、その両方 の良いところを持ち合わせた<ローチョコレート>は、近代の新しい発明であり、最先端の食べ物です。

Cacao∞Magic

〒606-8406
京都市左京区浄土寺石橋町41-1
map
TEL 075-757-8914

OPEN 12pm 〜 6pm
火曜日定休・不定休

* カフェ営業は、不定期にて行います。
お問い合わせください

カテゴリー
Connect